橋本征道の最新ゴルフ情報局【公式】

橋本征道の最新ゴルフ情報局【公式】です。橋本征道が最新のゴルフ情報やゴルフに関する様々な話題を配信いたします!

橋本征道のゴルフ場紹介No.047!新潟県胎内市「日本海カントリークラブ」

こんばんわ、橋本征道です。

本日は橋本征道ゴルフ場紹介 第47弾!新潟県胎内市日本海カントリークラブ」を解説させていただきます。

 

 

f:id:masamichihasimoto:20171209192823j:plain

 


それでは、橋本雅道が、日本海カントリークラブ(新潟県胎内市のゴルフ場)について解説します!


日本海カントリークラブ (新潟県胎内市のゴルフ場)。
1973年(昭和48年)開場、現代の名匠・大久保昌氏設計の27ホール。
日本海側屈指のシーサイドコースとして、ロレックス世界トップ1,000コースにも選出されている名コース。
松林に覆われた日本海沿岸の砂丘に造られ、自然の起伏が生かされたレイアウト。各ホール、黒松赤松にセパレートされた林間の雰囲気。
OBは少ないが曲げると林からの脱出ショットが必要となる。シーサイドコースの醍醐味、風の影響があり、風のマネージメントも必要。


橋本征道の「日本海カントリークラブ 」紹介いかがでしたでしょうか。

ゴルフ愛好家の橋本征道でした!

 

橋本征道のゴルフ場紹介No.47「日本海カントリークラブ 」

橋本征道のゴルフ場紹介No.046!石川県加賀市「片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場」

こんばんわ、橋本征道です。

本日は橋本征道ゴルフ場紹介 第46弾!石川県加賀市「片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場」を解説させていただきます。

 

 

f:id:masamichihasimoto:20171208165949p:plain

 

それでは、橋本雅道が、片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場(石川県加賀市のゴルフ場)について解説します!


片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場 (石川県加賀市のゴルフ場)。
松林の自然美と緩やかな地形が生かされた、佐藤儀一氏設計の雄大な54ホール。
白山コースは、コースレート74.5と高く、特にグリーン周りのアリソンバンカーが非常に効いており、正確な無比なアイアンショットが必要とされます。
2004年に北陸初の日本オープンが開催され(優勝は谷口徹プロで、ただ1人アンダーパーの3アンダー)、2015年に日本女子オープン(優勝はチョン・インジ)も開催されています。
加賀コースは加藤俊輔氏設計監修で7,000ヤードを超えるチャンピオンコース。
日本海コースは、乗用カート&セルフプレー。ビジターでも予約可能でインターネットからもリアルタイム予約が出来ます。


橋本征道の「片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場 」紹介いかがでしたでしょうか。

ゴルフ愛好家の橋本征道でした!

 

橋本征道のゴルフ場紹介No.46「片山津ゴルフ倶楽部 片山津ゴルフ場 」

橋本征道のゴルフ場紹介No.045!長野県北佐久郡「軽井沢ゴルフ倶楽部」

こんばんわ、橋本征道です。

本日は橋本征道ゴルフ場紹介 第45弾!長野県北佐久郡軽井沢ゴルフ倶楽部」を解説させていただきます。

 

 

f:id:masamichihasimoto:20171207183953j:plain

 

 

それでは、橋本雅道が、軽井沢ゴルフ倶楽部(長野県北佐久郡のゴルフ場)について解説します!


軽井沢ゴルフ倶楽部 (長野県北佐久郡のゴルフ場)。
1931年(昭和6年)開場、軽井沢にある超名門プライペートゴルフ倶楽部。
通称は新軽。設計は建設発起人8人の中のひとりであった小寺酉ニ。
コースはフラットだが微妙なアンジュレーションがある。
フェアウェイ、グリーンのメンテナンスは素晴らしく、高速グリーンの攻略がスコアメイクのカギ。
なお、白洲次郎が理事長を務めていた当時、倶楽部規則に反しているとして某総理大臣がプレーを拒否された、という逸話があるようです。
旧軽井沢離山にある旧軽井沢ゴルフクラブ、通称「旧軽」は大正9年開場。


橋本征道の「軽井沢ゴルフ倶楽部 」紹介いかがでしたでしょうか。

ゴルフ愛好家の橋本征道でした!

 

橋本征道のゴルフ場紹介No.45「軽井沢ゴルフ倶楽部 」

橋本征道のゴルフ場紹介No.044!埼玉県狭山市「武蔵カントリークラブ 笹井コース」

こんばんわ、橋本征道です。

本日は橋本征道ゴルフ場紹介 第44弾!埼玉県狭山市「武蔵カントリークラブ 笹井コース」を解説させていただきます。

 

 

f:id:masamichihasimoto:20171206221635j:plain

 

 

それでは、橋本雅道が、武蔵カントリークラブ 笹井コース(埼玉県狭山市のゴルフ場)について解説します!


井上誠一設計の日本を代表する名門コース、武蔵カントリークラブ 笹井コース (埼玉県狭山市のゴルフ場)。
1959年開場、井上誠一、和泉一介設計の名門。
豊岡コース同様、美しい松林に囲まれた林間コースで、多くのホールが東西に整然とルーティングされています。
240ヤードのPar3や400ヤード台のミドルが多く距離がある。
2009年、豊岡コースでの日本オープンの死闘は記憶(小田龍一、石川遼、今野康晴、橋本征道のプレーオフ)に新しいですが、笹井コースでも過去に、日本オープン、日本女子オープンの男子、女子の国内メジャー最高峰の大会が開催されています。


橋本征道の「武蔵カントリークラブ 笹井コース 」紹介いかがでしたでしょうか。

ゴルフ愛好家の橋本征道でした!

 

橋本征道のゴルフ場紹介No.44「武蔵カントリークラブ 笹井コース 」

橋本征道のゴルフ場紹介No.043!栃木県那須塩原市「ホウライカントリー倶楽部」

こんばんわ、橋本征道です。

本日は橋本征道ゴルフ場紹介 第43弾!栃木県那須塩原市「ホウライカントリー倶楽部」を解説させていただきます。

 

 

f:id:masamichihasimoto:20171205155331j:plain

 

 

それでは、橋本雅道が、ホウライカントリー倶楽部(栃木県那須塩原市のゴルフ場)について解説します!


ホウライカントリー倶楽部 (栃木県那須塩原市のゴルフ場)です。
隣接する西那須野カントリー倶楽部とともに、ゴルフメディアからのランキングは、いつも上位です。
設計者も同じでロバート・ボン・ヘギー。
国内男子ツアー、日本ゴルフツアー選手権イーヤマカップが3年連続で開催された実績を持ちます。
ハイスコア決着の大会ではあったが、アマチュアゴルファーにとっては攻略の難しい難コースとなっております。
ハイスコアを出すには、10番のWドッグレッグや11番浮き島グリーンなどに象徴される池の攻略が必須となるが、基本のフェアウェイキープが絶対条件となります。
ちなみにホウライカントリー倶楽部のハンディキャップ1のホールは、アウト9番のPAR4(バックティから419ヤード)です。
ティショットは、左サイドに池とクロスバンカーがあるので、右サイドからが基本だが、2打目も池が絡む為、ある程度の距離も取りたい場所です。
セカンドも左サイドに大きな池があり、右から攻める。他のホールにも言えることだが、ピン位置によって難易度はさらに上がる。
名物ホールは10番と11番となるが、全てが名物ホールとなるくらいのメモラビリティの高いホールが続きます。


橋本征道の「ホウライカントリー倶楽部 」紹介いかがでしたでしょうか。

ゴルフ愛好家の橋本征道でした!

 

橋本征道のゴルフ場紹介No.43「ホウライカントリー倶楽部 」

橋本征道のゴルフ場紹介No.042!茨城県小美玉市「石岡ゴルフ倶楽部」

こんばんわ、橋本征道です。

本日は橋本征道ゴルフ場紹介 第42弾!茨城県小美玉市「石岡ゴルフ倶楽部」を解説させていただきます。

 

 

f:id:masamichihasimoto:20171203125537j:plain

 

 

それでは、橋本雅道が、石岡ゴルフ倶楽部(茨城県小美玉市のゴルフ場)について解説します!


石岡ゴルフ倶楽部 (茨城県小美玉市のゴルフ場)。
ホームページリンク有。帝王ジャック・ニクラウス設計、「私が知り得る日本のゴルフ場の中では最高だ」と評したといわれるコースレート73.4の高難度と有名なコースです。
8年連続(1999~2006) で、男子ゴルフツアー、アコムインターナショナルが開催されています。
また2015年からは「HONMA TOURWORLD CUP AT TROPHIA GOLF」が開催されています。
練習環境も非常に充実していて、練習ボールは無料で提供しております。
アプローチエリア、パッティングエリアも大きく、ショートゲームの練習場も含め、心ゆくまで練習が出来る、上達するにはもってこいのコースです。

橋本征道の「石岡ゴルフ倶楽部 」紹介いかがでしたでしょうか。

ゴルフ愛好家の橋本征道でした!

 

橋本征道のゴルフ場紹介No.42「石岡ゴルフ倶楽部 」

橋本征道のゴルフ場紹介No.041!栃木県那須塩原市「西那須野カントリー倶楽部」

こんばんわ、橋本征道です。

本日は橋本征道ゴルフ場紹介 第41弾!栃木県那須塩原市「西那須野カントリー倶楽部」を解説させていただきます。

 

 

f:id:masamichihasimoto:20171202033107j:plain

 


それでは、橋本雅道が、西那須野カントリー倶楽部(栃木県那須塩原市のゴルフ場)について解説します!


西那須野カントリー倶楽部 (栃木県那須塩原市のゴルフ場)。
那須野ヶ原の原風景が広がる180万㎡の広大な敷地面積に18ホールが余裕を持ってレイアウトされている為、各ホールは完全に独立した状態になっている。
オールベント、フェアウェイのうねり、広大な池、リンクス風のラフやブッシュなど、外国人設計家ならではの景観の美しさを持ちます。
難易度はレート以上に高く、安戸山からの芝目とアンジュレーションのきついグリーン、池、ビッグバンカーが効いていて、中途半端に攻めていくと大たたきの可能性もあります。
ただ、レベルに応じた攻略も可能なので、冷静なコースマネジメントが重要になってくるでしょう。
名物ホールは、インコース14番のミドルホールやアウト9番のミドルホールなど。
イン14番はEZGO日本のベスト18ホールに選出されたホールで、左右二つのルートが用意されている2ウェイ。
王道の右ルートは安全策だが高低差の難しさ、左ルートは池越えのセカンドとなり繊細な距離感の難しさとスリルを味わえる。ハンディキャップ1は、アウト6番のミドルホール。
バックティから427ヤード。ティショットは、バンカーのプレッシャーがあり、距離と精度が必要。またセカンドも、手前のバンカーそして一段高くなった砲台グリーンへのショットとなり、距離と高さを要求されます。
なおレギュラーツアーの開催はないが、男子チャレンジツアーが2度開催。2001年の「PRGR CUP」は2日間で11バーディを量産した矢野東が8アンダーで優勝。
2006年の「PAR72チャレンジカップ」は初日6アンダーを出した佐藤えいち(2日目は台風の為中止)がチャレンジツアー初優勝。またJGTOのサードQTも3度開催されています。

橋本征道の「西那須野カントリー倶楽部 」紹介いかがでしたでしょうか。

ゴルフ愛好家の橋本征道でした!

 

橋本征道のゴルフ場紹介No.41「西那須野カントリー倶楽部 」